スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


機動戦士ガンダムSEED DESTINY

機動戦士ガンダムSEED DESTINYの概要です。ご参考までに。

前作『機動戦士ガンダムSEED』での終盤の舞台となった戦い、第2次ヤキン・ドゥーエ攻防戦(コズミック・イラ71年)から2年後の世界が舞台である。

コズミック・イラ71年6月15日。大西洋連邦とオーブ連合首長国によるオノゴロ島の攻防戦の中、シン・アスカはたった一発の砲弾で家族を失った。妹マユが落とした携帯電話を握り締め、彼は自らの非力さに絶望する。

その後、地球連合軍とザフトによる大戦は、第二次ヤキン・ドゥーエ宙域戦・ユニウス条約の締結を経て、一応の停止を見た。しかし、争いの火種は消えることはなかった。

それから2年後、コズミック・イラ73年10月2日。プラントのギルバート・デュランダル議長との非公式会見の為、新造艦ミネルバの進水式の準備が進むアーモリーワンを訪れたカガリ・ユラ・アスハとアスラン・ザラ。だがその最中、ザフトが開発した新型モビルスーツ・カオス、ガイア、アビスが何者かに強奪され、周囲は混乱に陥る。 これを阻止すべく、ミネルバからも新型機インパルスが出撃。そのパイロットは、プラントに渡り、エリートとしてザフトに入隊したシンであった。

新型機を強奪した謎の部隊を追い、カガリとアスランを伴ったままミネルバは出撃する。だがそんな中、安定軌道にあったはずのユニウスセブンが地球に落下し始めたという報せが入る。それは、ナチュラルへの憎しみを募らせ続けるザフト軍脱走兵達の仕組んだものだった。しかし、この事件を利用しようと暗躍する者達も動き始め、世界は再び混乱と戦火に包まれるのだった
本作の主人公は、前作『SEED』の主人公キラ・ヤマトからシン・アスカに変更されたはずであったが、内容的にはキラ・ヤマト及びアスラン・ザラを中心とした描写が目立っているともいえる。そのため途中から何も知らずに当作品を見ると、オープニングバック(第3期・第4期)のストライクフリーダムの描写なども相まって、引き続きキラが主人公であるかのように感じられる。そして物語後半ではシンよりキラが主役無しの主人公扱いされた回が多くなり、シンの主人公としての存在感は希薄化し、49〜50話のスタッフクレジットでのキャスト順でもキラが最先頭に上ってシンは3番目に降格されるに至った。

この現象に対して、一部の視聴者からは「ちゃんとシンを主人公として描くべきだ」「製作側はシンを演じた鈴村健一に対して失礼ではないか」などといった不満・異論が出た。またその一方で「最初からキラとアスランを主人公に立てて描くべきだった」という声も上がった。製作者側からはメカニック作画監督の一人である椛島洋介氏が、自身のブログにおいて「主人公はシンです」と主張したり、月刊誌ニュータイプのコラムで設定・シナリオ等担当の下村敬治氏が「キラこそが最も主役に相応しかったのではないか」などとコメントする珍事もおきている。

これに対し監督の福田己津央は、最終回の制作を終えてのインタビューにおいて「放送開始時から当作品で3人の主人公の物語を同時進行させるつもりであった」と語っている。しかし当初からキラが主人公の1人とされていたならスタッフクレジットにおいてキラのキャスト表記がカガリ・ユラ・アスハ等よりも下であったことは不自然であり、他のインタビュー内容が部分的に矛盾していること、また実際に描かれた物語の展開・演出からみて本作がキラ・アスラン・シン3軸の物語として描写されているとは言い難ことから「主人公の変更」に関した批判に対する単なる言い訳に過ぎないのではないか?との声もある。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

攻殻機動隊

物語の土台となっている近未来世界では、脳を電脳化した者や、身体の一部あるいは全部を機械化した者が数多くいる、現実の世界と仮想現実の世界(電脳世界)が複雑に入り混じった社会が訪れており、これが物語を理解する上で重要なポイントになる。

公安9課はそうした複雑な環境で起こる犯罪に対処するために創設された、内閣総理大臣直属の非公式特殊活動部隊であり、様々な障害・障壁に遭遇しながらも作戦を遂行していく。

世界観
本作は独自の世界観に対しても評価が高い。物語の舞台は大規模な核戦争(第三次核大戦・2000年頃?)及び第四次非核大戦を経て荒廃した2030年の日本(正確には日本を元にしたパラレルワールド)。特徴として、東京(首都圏)を舞台の中心にしていない事があげられる。

関東地方
物語中に時折現れる地図では東京及び関東平野(首都圏)の東部分は海となっており、東京都の東半分と神奈川県(横浜や川崎の沿岸部)、千葉県全域は核戦争の地殻変動で水没したと見られる。作中には道路標識もよく現れる。そこでは新宿などは「旧市街地」と表記されており、東京が日本の中心では無くなった事を示している。
関西地方
東京(首都圏)に代わって日本を統治する地域のひとつが関西地方にある「新浜県新浜市(ニイハマ)」である。この都市は兵庫県神戸市の沖合いにある海上都市である。尚、この世界での首都は福岡で、新浜は首都ではない。しかし公安9課の本部がある事や、戦争時に東京の首都機能の代替地であった事などから新浜市が物語上重要な舞台である事は間違いない。そのため、アメリカ合衆国におけるワシントンD.C.(=福岡)とニューヨーク(=新浜市)のような関係であると推測される。
[編集]
公安9課(組織としての「攻殻機動隊」)
内務省(核戦争における行政再編で設置。尚、第二次世界大戦以前の日本にも実在した)内に設置された特殊部隊。その素性は秘密のベールに包まれており、詳細を知る者は少ない。主な任務は要人警護、汚職摘発、無差別殺人・電脳及び特殊犯罪等の抑止、捜査、検挙である。電脳戦・情報戦を得意とするが、実力排除を目的としているため、自衛軍や警察からの引き抜きが多い。そのため、メンバーの特性上、銃器や体術を用いた戦闘に長けており、実際に現場に向かったり、銃撃戦を伴う立てこもり事件の解決をしたことも多々ある。

公安9課員には司法警察職員としての権限が与えられているとみられ、銃の携行や犯人の逮捕などが認められている。また、一般人相手には「(自分達は)警察官である」と名乗るようである。ちなみに劇中では、厚生労働省直属の、麻薬取締強制介入班や、海上保安庁の特殊警備隊(SST・実在の組織だが、劇中で行ったような内偵・潜入工作などの任務は通常行わない)が登場しており、仕事の内容は多少異なるがこういった行政省庁直属の特殊部隊は複数存在したようだ。

公安9課には政府より多額の予算が与えられており、会議・捜査・検証用の本部施設、内偵用の車両から、自動小銃、擲弾銃、ヘリコプター、ティルトローター、更にはAIの搭載により、人間の言葉を理解し、自ら思考・発言することも出来る装脚式思考戦車「タチコマ」、おまけにその運搬の為の車両(通称・擬装バン)まで、軍隊並みの装備が、それもある程度の数揃っていた。このことから、警察組織としての活動に主眼を置きつつも、高度で危険な職に従事するという同課の任務内容が推測できよう。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

涼宮ハルヒの憂鬱

涼宮ハルヒ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ストーリー
「ただの人間には興味ありません。宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいれば私の所に来なさい」

入学式後の自己紹介でぶっ飛んだ発言をした涼宮ハルヒ。成績も運動神経も容姿も優れているのに、傲岸不遜な態度と中学以来の奇人ぶりからクラスで浮きまくっている上、普通のクラスメイトをつまらないと拒絶し、ますます孤立していたのだが、たまたま前の席であったキョンが話しかけたことで、二人の間で会話が交わされるようになった。

ある日、校内に自分が楽しめるクラブが無いことを嘆いていたハルヒは、キョンの何気ない言葉から「入りたいクラブがなければ、自分で作ればいい」と思いつき、キョンを巻き込んでクラブ作りを開始する。部員が長門有希一人で廃部寸前だった文芸部の部室を乗っ取ると、2年生の朝比奈みくるを「萌えキャラ」として拉致し、さらに5月に転校してきた古泉一樹を「謎の転校生」として加入させ、新クラブ「SOS団」を発足する。

しかし、長門有希・朝比奈みくる・古泉一樹の三人は、本物の宇宙人・未来人・超能力者であり、それぞれの属する組織から送り込まれてきたのであった。その目的は、ハルヒが自覚無しに持つある能力――世界を思い通りに改変し、望んだとおりの出来事を発生させる能力――の観測。キョンはハルヒに選ばれた人物であり、ハルヒにとっての「鍵」であると言うのだが、キョンにはにわかに信じることができない。

ところが次第にSOS団の周辺に異常な出来事が起こるようになり、キョンも三人の話を信じざるを得なくなってしまった。ハルヒだけが気付かないまま、キョン達SOS団メンバーは異常事態の処理やハルヒの退屈しのぎのために奔走することになる。

涼宮ハルヒ(すずみや はるひ)(声優:平野綾)
県立北高校1年生でSOS団団長。キョンと同じクラスですぐ後ろの席(何度席替えをしても位置関係は不変)。ほとんどの事に溢れんばかりの才能を見せ、身体能力も極めて高い。スレンダーながらもスタイルは抜群。入学当初は腰まで伸びる髪を曜日ごとに異なる髪形にしていたが、キョンに指摘されて以来、現在は肩にかかる程度の長さで揃え、黄色いリボン付きカチューシャを着けるのが定番になっている(3年前の七夕の時もよく似た髪形をしている)。
頭脳明晰・容姿端麗だが性格は唯我独尊・傍若無人・猪突猛進。キョン曰く「性格以外は完璧だが性格にはとことん問題がある」。
ただの「変な女」かと思われたが、実は無意識に世界をどうこうするほどの大変な力を発揮するらしい(ただし、本人はまったく自覚していない)。またその設定上歴史改変などに関わる大事件では(力の暴走を防ぐべく)部外者とされるため、全体的に長門や朝比奈よりも出番が少ない。アニメ版の設定によると身長158cm。
長門有希(ながと ゆき)(声優:茅原実里)
北高1年生。文芸部室をハルヒがSOS団の活動拠点として確保した際に在籍していた唯一の文芸部員。
しかしその正体は、情報統合思念体によって造られた、対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース(キョン曰く「宇宙的アンドロイド」)。周囲の情報を操作する能力を持ち、そのため小柄な見かけに反して、身体能力は極めて高い。
感情表現に乏しく、表情の変化は注意して見ないと判らないほど少ない。口数も少なく、口を開いても淡々と短い言葉でしか話さない。
いつも分厚い本を読んでいる。当初はメガネを着用していたが、現在はかけていない。アニメ版の設定によると身長154cm。
朝比奈みくる(あさひな みくる)(声優:後藤邑子)
ハルヒが「ロリで巨乳な萌えマスコットキャラ」として連れて(拉致(即ち強制連行、ハルヒ曰く「任意同行」)して)きた2年生。元々は書道部に在籍していたがハルヒに退部させられ、現在はSOS団付きのメイド兼マスコット(+キョンの癒し)で、SOS団会議の際は書記も務める。毎回様々なコスプレをさせられる。真面目な性格で、強制されたはずのメイドやお茶くみについて勉強したりと、現在の立場をそれなりに楽しんでいるようだ。チャームポイントは左胸の上にある星形のホクロ。
正体は「今」よりはるか未来から来た調査員(駐在員)だが、詳しい事情は「禁則事項」とのこと。アニメ版の設定によると身長152cm。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM